ここから本文です。

長崎市自殺対策計画を策定しました

更新日:2020年4月23日 ページID:034441

長崎市自殺対策計画

 計画策定の趣旨

  我が国の自殺者数は、警察庁の自殺統計によると平成10年に年間3万人を超え、平成23年までその状況が続きました。このような状況のもと、国は平成18年に「自殺対策基本法」を制定し、翌年には「自殺総合対策大綱」を策定しました。それまで、個人の問題とされてきた自殺が、社会の問題として捉えられるようになりました。
 平成24年には、15年ぶりに自殺者数が3万人を下回り、その後減少傾向にありますが、依然として高い水準が続いており、深刻な状況です。その深刻な状況は本市でも同様であり、徐々に減少はしていますが未だ多くの方が自ら尊い命を絶っている状況に変わりありません。
 本市では、健康長崎市民21計画における重点7項目の中のひとつに「こころの健康づくりの推進」を掲げ、その中で自殺死亡率の減少を目標として定めています。また、平成21年度より自殺対策実務者会議を開催し、庁内関係課で連携を図りながら、自殺対策は生きるための支援であるという共通理解のもと、自殺対策に取り組んでいます。
 そして、この度、国の基本理念に基づき、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指し、具体的行動計画として「長崎市自殺対策計画」を策定することとなりました。

長崎市自殺対策計画 計画書

目次
Ⅰ 計画策定の趣旨
Ⅱ 計画策定の背景・法的根拠
Ⅲ 計画の位置づけ
Ⅳ 長崎市における自殺の現状
Ⅴ 計画の期間
Ⅵ 長崎市の取り組み

参考資料
自殺対策基本法
自殺総合対策大綱

お問い合わせ先

市民健康部 地域保健課 

電話番号:095-829-1153

ファックス番号:095-829-1221

住所:〒850-8685 長崎市桜町6-3(別館3階)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ