ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種事業について

更新日:2021年11月26日 ページID:036041

目次(対象の記事にジャンプします)

接種券の発送状況

令和3年7月17日以降に長崎市へ転入された方で接種を2回受けていない方

接種を受ける前に

接種対象者
接種券が届いたら(接種の流れ)
個別接種の予約 集団接種の予約
その他の情報
追加接種(3回目接種)について ワクチン接種証明書(海外渡航の予定がある方が対象)
ワクチン供給状況 市内の接種状況
接種費用 ワクチン接種による副反応について
住所地外での接種 船員の方のワクチン接種について
ワクチン接種の問い合わせ よくある質問
国からの接種に関するお知らせ 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種について

市民のみなさんへ(チラシ)

医療機関の方へ(費用請求など)
コロナワクチンキャンセル待ちの募集 ワクチン接種に関する不審電話に注意
12歳~15歳の方のワクチン接種について 妊娠中の方等へのワクチンの優先接種について

接種を希望されるかた

11月以降は接種対象者が大幅に減少するため、個別接種については、接種可能な医療機関が大幅に減少します。予約方法等については個別接種の予約についてのページをご確認いただくか、コールセンターまでお問い合わせください。

集団接種については、会場数や規模を縮小して実施します。また、平日の接種を希望する方の接種機会を確保するため、市内中央部で「木曜日」に実施します。接種会場や予約状況はこちらをご確認ください。

武田/モデルナ社ワクチン接種センター


武田/モデルナワクチンの1回目を接種したものの、何らかの事情で2回目の接種ができなかった方々の接種が12月3日(金)より行われます。
詳細は県のホームページをご確認ください。

新型コロナワクチンの接種を予定されている「10代・20代の男性と保護者の方」詳しくはこちら

10代及び20代の男性については、新型コロナウイルスに感染した場合に合併して発症する心筋炎等の発生頻度よりは低いものの、ファイザー社ワクチンに比べて武田/モデルナ社のワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生の頻度が高いことから、1回目を武田/モデルナ社のワクチンを接種した方は、2回目をファイザー社のワクチンの接種も選択できることとなりました。(詳しくはこちら

接種券の発送状況

令和3年7月16日時点で長崎市に住民票登録をしている16歳以上59歳以下の方に新型コロナワクチン接種券を発送しています(60歳以上は令和3年6月28日までに発送済です)。

12歳(令和3年9月30日時点の満年齢)以上15歳以下の方は、9月6日(月)に発送済みです。なお、12歳の誕生日の前日から接種可能となるため、令和3年10月1日以降に12歳になる方の接種券は、誕生月の前月末に順次発送します。

接種券は令和3年5月27日時点の住民票登録住所に送付(転入者を除く)しているため、同年5月28日以降に市内での転居により住民票の住所が変更となっている場合には接種券が届いていないことがあります。
市内の転居後の住所に接種券が届いていない場合はお手数ですが、長崎市ワクチン接種コールセンターにご連絡ください。変更後の現住所に接種券をお送りします。
なお、住民票住所にお住まいでない場合や、転居届のお手続きをされていない場合及び郵便局の「転居・転送サービス」の有効期限が切れている場合などの理由で、接種券がお届けできない場合がございます。接種券が届かない場合は長崎市ワクチン接種コールセンターにご連絡ください。必要な対応をご案内します。

令和3年7月17日以降に転入された方で接種を2回受けていない方

接種を希望する場合には接種券発行の手続きが必要です。各地域センターにて転入届の手続き後、長崎市ワクチン接種コールセンターにご連絡ください。順次接種券をお送りします。
通常、転入に伴う接種券はコールセンターへ連絡をいただいてから1週間から10日前後で住民票のお名前・住所にお届けします。郵便事故や発券事情等によりその期間を過ぎましたら、恐れ入りますが再度コールセンターへご連絡ください。
※普通郵便にてお届けしますので、郵便局へ転居にともなう各種手続きを必ず済ませておいてください。

接種対象者

長崎市の住民基本台帳に登録されている12歳以上に達する方(令和4年3月1日以前に生まれた方)。

学生や入院・入所者など、長崎市内に登録はないが、やむを得ない事情により長崎市内に居住する方も対象となります。また、同事情により、長崎市内に登録があり、市外に居住している方は、現在の居住地で接種することができます。

接種は任意です

新型コロナワクチンの接種は、皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解(厚生労働省ホームページ参照)した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

 ページの上部に戻る

接種の流れ

接種の流れ(イラスト

※発送物イメージ

接種券は2回目の接種時も必要ですので、大切に保管ください。

封筒 接種券

予診票 説明書

ページの上部に戻る

新型コロナワクチン接種証明書の申請手続きについて

令和3年7月26日(月)から、新型コロナウイルス感染症予防接種(新型コロナワクチン)を接種した方で、海外渡航の予定がある方を対象に、「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」の申請受付(郵便受付)を開始します。

○対象者
新型コロナウイルス感染症予防接種(新型コロナワクチン)を接種した時点で、長崎市に住民登録があり、現に海外渡航の予定がある方。※

なお、海外渡航の予定がない方については、接種済証または接種記録書をもって、ワクチンを接種済であることを示すことができます。

※ご注意ください
 ・接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなる
  ものではありません。
 ・この接種証明書は、接種証明書を提示することにより防疫措置の緩和等
  が認められる国や地域を事前に必ず確認したうえで、渡航する場合に限って申請していただく
  ようお願いいたします。
 ・この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が
  緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や
  地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況を外務省の
  ホームページにおいて必ずご確認ください。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧
(外務省海外安全ホームページ)

○申請方法
原則として、郵送申請により受付し、返信用封筒により折り返し郵送にて交付します。窓口での受付は行っておりません。
次の必要書類を同封して申請(郵送)してください。

⑴ 申請書
   新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書 交付申請書(PDF形式 62キロバイト)
⑵ 旅券(パスポート)の写し※
⑶ 予防接種済証または接種記録書の写し
⑷ 本人確認書類の写し
   氏名と現住所(返送先住所)が確認できる運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、
   在留カードなど。
  (申請書に記載した住所と一致しているか、有効期限切れになっていないかご確認ください。)
⑸ 返信用封筒
   返信用切手(定形・普通郵便の場合84円切手)を貼った返信用封筒(宛先を記載してください)
  が必要です。

※旅券に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類の写しを添付してください。(旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証など) ビザ(査証)では発行できません。

申請書類の到達から発送までに、概ね5日程度を予定しています。(多数の申請がある場合や、接種状況の確認に時間を要する場合は、それ以上の日数がかかることがあります)

○申請先
原則として、郵送申請により受付し、返信用封筒により折り返し郵送にて交付します。
〒850-8563 長崎市桜町6番3号
長崎市 市民健康部 新型コロナウイルスワクチン接種事業室

○発行手数料
  無料

○問い合わせ
⑴ 接種証明書全般に関する問合せ先
   厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
   電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
   対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語
   受付時間:以下参照(土日・祝日も実施)
    日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時~21時
    タイ語:9時~18時
    ベトナム語:10時~19時
⑵ 長崎市への接種証明書申請方法に関する問い合わせ
   長崎市ワクチン接種コールセンター 8:45~20:00(土日祝日含む)
   0120-095827(無料) 0570-095355(有料)

○関連サイト
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)
COVID-19 vaccination certificate for overseas travel(厚生労働省ホームページ英語版)

ワクチン供給状況(ファイザー社)

納入日 数量 回数分 人数分 入荷状況
4月9日 2箱 1,950回分 975人分 入荷済み
4月28日 1箱 975回分 487人分 入荷済み
5月5日 10箱 9,750回分 4,875人分 入荷済み
5月12日 82箱 95,940回分 47,970人分 入荷済み
5月27日 36箱 42,120回分 21,060人分 入荷済み
6月20日 51箱 59,670回分 29,835人分 入荷済み
7月4日 52箱 60,840回分 30,420人分 入荷済み
7月8日 17箱 19,890回分 9,945人分 入荷済み
8月1日 10箱 11,700回分 5,850人分 入荷済み
8月6日 11箱 12,870回分 6,435人分 入荷済み
8月11日 22箱 25,740回分 12,870人分 入荷済み
8月19日 15箱 17,550回分 8,775人分 入荷済み
8月28日 11箱 12,870回分 6,435人分

入荷済み

9月4日 4箱 4,680回分 2,340人分 入荷済み
9月9日 21箱 24,570回分 12,285人分 入荷済み
9月15日 7箱 8,190回分 4,095人分 入荷済み
9月22日 22箱 25,740回分 12,870人分 入荷済み
10月2日 9箱 10,530回分 5,265人分 入荷済み
10月7日 22箱 25,740回分 12,870人分 入荷済み
合計 405箱 471,315回分 235,657人分

※現時点の情報です。ワクチンの供給量が決まりましたら、随時更新を行います。なお、本スケジュールは国からのワクチン供給が予定通りなされることを前提としています。
※県庁での接種、職域接種で使用されているモデルナ社のワクチンは別途供給されます。

市内の接種状況

接種対象者(12歳以上) 374,228人(令和3年1月1日時点)
長崎市全人口 411,505人(令和3年1月1日時点)

4月12日(月)~11月26日(金)

区分 人口 1回目 2回目
接種数 接種率 接種数 接種率
全人口 411,505人 325,286人 79.0% 320,092人 77.8%
65歳以上 135,004人 129,892人 96.2% 129,129人

95.6%

12~64歳 239,224人 195,394人 81.7% 190,963人 79.8%
12歳以上 374,228人 325,286人 86.9% 320,092人 85.5%

11/26 全人口1回目  11/26 全人口2回目
11/26 対象者1回目 11/26 対象者2回目

ページの上部に戻る

接種費用

無料(全額公費)

※ただし、ワクチン接種では、副反応が起こる可能性があります。その際の診療は保険診療となり、費用は自己負担となります。

ページの上部に戻る

ワクチン接種による副反応について

現在、日本で接種が進められている新型コロナワクチンでは、接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。(ファイザー社のワクチンにおける臨床試験の主な結果はこちら、武田/モデルナ社のワクチンにおける臨床試験の主な結果はこちら、接種開始後の健康状況調査の結果はこちら)
また、稀な頻度でアナフィラキシー(急性のアレルギー反応)が発生したことが報告されています。アナフィラキシーの報告状況等は、こちらに掲載しています。
出典:厚生労働省

住所地外での接種

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。
※ただし、長崎市外の方が長崎市で接種される場合は、長崎市の接種時期に応じた接種となりますので、ご自身の年齢が接種可能かご不明な場合は、下記コールセンター(0120-095-827)にお問い合わせください。

〇やむを得ない事情の例
・出産のために里帰りしている妊産婦
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
〇申請方法
住民票所在地以外での接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届」の届出が必要です。下記のいずれかの方法で申請をしてください。
市町村は、「住所地外接種届※」を受理した後、記載内容を確認したうえで、「住所地外接種届出済証」を交付します。

※住所地外接種届:(様式)住所地外接種届(申請書)(PDF形式 43キロバイト)

〇郵送申請(申請時の切手代等は、ご自身でご負担ください)
「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」を添付し、接種を行う医療機関等が所在する市町村に郵送してください。

〇WEB申請
厚生労働省のウェブサイト(コロナワクチンナビ)上で、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届」を提出してください。

〇市町村への届出を省略できる場合
・入院・入所者
・基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
・市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
・災害による被害にあった者
・勾留又は留置されている者、受刑者

船員の方のワクチン接種について

船員の方で、長期乗船前の接種等のため予約日の調整が必要な場合や、市外在住の方で、仕事の都合上、寄港地である長崎市で接種を希望される場合など、ワクチン接種について、お困りの場合は、長崎市ワクチン接種コールセンター(0120-095827)までご相談ください。

ワクチン接種の問い合わせ

☎0120-095827(無料)
☎0570-095355 (有料)
受付時間 8時45分~20時00分(土日祝日含む) 
・英語、中国語(北京語)、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語(9時~18時)、ベトナム語(10時~19時)
・IP電話など、一部電話からは通話できない場合があります。
FAX番号 095-820-7511 ※耳が不自由な方のお問い合わせ専用番号です。

長崎県コロナワクチンコールセンター
ワクチン接種後の副反応など、専門的な相談にお答えします。
☎0120-764-060(24時間/土・日・祝日含む)
FAX0800-080-6976 ※聴覚障害者などコールセンターへの相談が難しい方々へのFAX相談

様式長崎市相談用FAX様式(PDF形式 33キロバイト)

新型コロナウイルスワクチン接種について、今後の予定や接種方法の確認、不安なことなどございましたら、お問い合わせください。

ページの上部に戻る

よくある質問(FAQ)

新型コロナウイルスに関するFAQ(PDF形式 232キロバイト)

新型コロナウイルスワクチンのここが知りたい!(新しいウィンドウで開きます)
ワクチン啓発動画

国からの接種に関するお知らせ

厚生労働省ホームページ:新型コロナワクチンについて

厚生労働省ホームページ:外国語の新型コロナワクチンのご案内

首相官邸ホームページ:新型コロナワクチンについて

ページの上部に戻る

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種について

原則として、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種できません。新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。
(例) 4月1日に新型コロナワクチンを接種した場合、他のワクチンを接種できるのは、4月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。
(厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A」より)

市民のみなさんへ(チラシ)

クリックするとPDFが表示されます。印刷してご利用ください。

手続きのQA

ページの上部に戻る

アンケート

ページトップへ