ここから本文です。

長崎市長崎学研究所紀要『長崎学』第3号

更新日:2022年2月25日 ページID:032679

目次論文一八世紀後期~一九世紀初期の長崎と勘定所―松山惣右衛門(伊予守)直義を中心として―
花園大学文学部教授 鈴木康子
長崎丸山遊女の出自と年季明け
長崎市長崎学研究所長 赤瀬浩
明治初期の長崎県における財政の変質について
長崎市長崎学研究所係長 德永宏

特集一 長崎の幕末維新一五〇年
趣旨説明
「長崎の幕末維新一五〇周年記念シンポジウム」基調講演録
幕末維新期の天皇と外圧

東京大学名誉教授 藤田覚
「長崎の幕末維新一五〇周年記念シンポジウム」パネルディスカッション口述録
特集二 シーボルト事件連座の阿蘭陀通詞、稲部市五郎の新出史料趣旨説明
阿蘭陀通詞稲部市五郎について
東京大学史料編纂所共同研究員 イサベル・田中・ファンダーレン
阿蘭陀小通詞末席稲部市五郎病死ニ付死骸御見分取扱控
長崎市長崎学研究所学芸員 藤本健太郎
附録史料・参考文献一覧

長崎市長崎学研究所活動報告

おわりに
長崎市長崎学研究所長 赤瀬浩
正誤表

お問い合わせ先

文化観光部 長崎学研究所 

電話番号:095-818-8388

ファックス番号:095-818-8377

住所:〒850-0007 長崎市立山1-1-1(長崎歴史文化博物館研究室)

アンケート

より良いホームページにするために、ご意見をお聞かせください。コメントを書く

ページトップへ